マンションに太陽光発電の導入は可能なのか?

太陽光発電ということになりますとどちらかというと戸建て住宅向けのものが多いような気がしませんか?
なかなかマンションで太陽光発電システムを見ないということがあるでしょう。
それは既存のマンションではなかなか太陽光発電の導入がしにくいという事情があります。
新しく建築されるマンションから段々と導入されてくるのではないでしょうか。
新しく建築されるものとして太陽光発電対応マンションというものがあります。
それは屋根にソーラーパネルを敷き詰めて世帯単位や共用部分に連係することで、住人や大家さんが売電することができるというものになります。
マンションの屋根は広いスペースがありますのでたくさんソーラーパネルを敷き詰めることにより多くの発電量を確保することができるでしょう。
こういうマンションであれば相場価格よりも高値をつけても売れるでしょうし、住人にとっても売電できるから光熱費の削減につながってくるということがあるでしょう。
それでは既存のマンションで太陽光発電システムを導入することが可能かということになるとなかなか難しいというのが正直なところではないでしょうか。
実際に取り付けるということになりますと大規模な修繕時に限られてきます。
それにマンションの住人全体の同意を取らないといけないというのもあります。
住人にとって修繕費を使ってでも太陽光発電システムを導入するメリットがあるのかなどが気になってくるところです。
屋根に設置することができないということであれば、自分たちのベランダにソーラーパネルを設置したいという風に思うかもしれません。
これならば自分たちだけで設置できると思うでしょうが、ベランダは基本的には自己所有ではなく共同所有ということになるので、マンションの管理組合の設置許可が必要になってきます。
設置の許可が出たとしても、ベランダではうまく設置できないかもしれませんし、発電量が小さくなるという点には気を付けておいたほうがいいでしょう。