旭川市にお住まいの方が太陽光発電を設置する際に知っておきたい情報

太陽光発電は二酸化炭素を排出せずまた発電の際にいわゆる化石燃料を必要としないので環境にとても優しい次世代のクリーンエネルギーを発電するシステムとして着目されています。null
しかも太陽光発電は家庭にも設置出来るので家庭に太陽光発電を設置すれば自給自足で電気を利用できるのです。
旭川市にお住まいの方は特に冬季は雪に覆われて天候不順の日が多いので家庭用の太陽光発電のシステムを設置する環境には恵まれていないとお考えではないでしょうか。
太陽光発電には太陽エネルギーが不可欠ですので天候に恵まれた地域だと発電効率も良くより多くの電気を作り出すことが出来ます。
たしかに旭川市を含む北海道は年間の日照時間は1700時間程度で全国的に見た時に日照時間は長くはありません。
しかしながら実は太陽光発電は日照時間の長短だけではなく気温も影響するのです。
気温が低いほどすなわち寒いほど太陽光発電のシステムの効率が上がるのです。
太陽光発電のシステムの大事なパネルは熱くなると発電効率が落ちるのです。
例えば気温が10度違うと発電効率が5%も違ってくるのです。
ですので日照時間が長くても南国のような地域では気温も上がるために発電効率自体はそう高くはないのです。
旭川市は春から秋にかけては気候が安定していて梅雨もありません。
ですのでこの間は高い発電量が見込まれます。
実際に旭川市を含む北海道は本州、四国や九州などの他地域よりも発電効率が高いのです。
ですので旭川市にお住まいの方が家庭用の太陽光発電のシステムを設置するメリットはとても大きいと言えます。
今ですと国をはじめとする行政が太陽光発電の設置を推進しているので補助金を利用しながらお得に太陽光発電のシステムを設置出来るのです。
旭川市にお住まいの方は現在国と旭川市から補助金を得ることが出来ます。
一般的な4kw容量の太陽光発電のシステムを家庭に設置した場合、
国と旭川市からの補助金の合計は35万円にもなります。
ただし旭川市では補助金に一定の枠があるので旭川市で太陽光発電のシステムを設置する際には補助金を必ず得られるように計画的にされた方が良いでしょう。

Posted in 北海道でも発電可能?