北海道で太陽光発電システムを設置する利点

太陽光発電システムは基本的には規格品のソーラーパネルを組み合わせて自宅の屋根に設置する事になりますが、オーダーメイドの商品となります。
なぜなら、日本の一般住宅は狭い土地をぎりぎりまで有効活用して建築されている住宅がほとんどであるため、屋根が向いている方角や形が一軒一軒異なるためです。null
特に北海道で太陽光発電システムを設置する場合、屋根の向いている方角と冬季間の降雪時の風向きを考えながら屋根の上にソーラーパネルを設置しなければ、降雪時に屋根の上に吹き溜まりができてしまい、ソーラーパネルが雪に埋もれてしまったり、最悪の時は雪の重みで屋根が損傷する可能性もあるでしょう。
ですから、北海道で太陽光発電システムを設置する場合は、地元の風の向きをよく知っている信頼できる業者に太陽光発電システムの設置工事を依頼する必要があります。
太陽光発電システム設置に必要な初期費用については、北海道も本州もほとんど変わりません。
工事費用や設置に必要な金具、部材類はほとんど同じです。
太陽光発電システムは環境に十分配慮しつつ光熱費を大きく節約できる優れた発電設備です。
北海道は本州と比べると夏季間の外気温が低いです。
太陽光発電システムは外気温が高温になると発電効率が落ちるという特性があり、北海道は真夏でも本州に比べると外気温が低いですから、発電効率が高いという利点があります。
太陽光発電システムは外気温が低くても日光が当たっていれば発電効率は下がりませんから、冬季間も問題なく稼動します。

Posted in 北海道でも発電可能?