近所で見るソーラーパネル

我が家の向かいの家も、傾斜をつけた屋根の片側一面がソーラーパネルです。
10年以上前の新築当時は、太陽光発電のことは話題になっていても、実際に近くで見たのは初めてでした。
最初の何年かは、夏はともかく冬に積雪のある札幌市で、冬期もソーラーパネルは働くのだろうか、雪で壊れたりしないのだろうかと見ていました。
傾斜がきつい屋根なので、屋根の雪が勢いをつけて地面に滑り落ちる様子をよく見ます。
雪が多く降った日には、大きな音が響きます。
それでも、ソーラーパネルを修理しているのを見た事はありませんし、10年以上も経った今も、修理の様子はありません。
意外に丈夫で耐久年数のあるものだと感心しています。
我が家にも、ここ何年かは太陽光発電のセールスマンがよく来ます。
札幌市では、冬は少ない電力しか得られないのではと聞く人もたくさんいるけれど、冬もしっかり電力を得られると説明されました。
我が家では導入していませんが、近所では珍しくはなくなりました。
つい最近は学校の屋根に、たくさんの大型ソーラーパネルが設置されました。

Posted in 北海道でも発電可能?