気温が低い札幌市と太陽光発電

近年、札幌市といいますと気温が上昇をしています。
最近では、観測史上最高の暖冬を記録しているようなことも多いです。
雪なども確実に少なくなってきています。
null寒くないということは生活にはいい面もあるのですが、やはり危惧を抱く部分ではあります。
そのように札幌は暖かくなっているとは言いましても、他の地域よりはやはり寒い地域であることには変わりがありません。
そのように寒い地域である札幌市なのですが、寒さが強いとあることができないのではないかという疑問を持っている方が多いです。
それは太陽光発電というものです。
太陽光発電についてなのですが、太陽の光をエネルギーにして発電しますので暑い地域のほうが有利ではないのか、
ということを考えることもあるのです。
ですので、札幌市などの寒い地域では太陽光発電は向かないのではないか、と思われることもあります。
その太陽光発電と札幌市という部分ですが、具体的にはそれほど問題点があるというわけではありません。
その一つに寒さ自体が太陽光発電に大きな問題を与えるということはないのです。
仮に氷点下の気温であったとしましても、太陽光がありましたら問題なく発電をしてくれます。
氷点下の寒さであるから発電量が低くなってしまうということ自体あり得ないのです。
ですので、自分の地域は寒いから太陽光発電は向いていない、
というようなことは考えないようにしてください。
どうしても心配な方はそれぞれのメーカーに問い合わせてみるといいでしょう。
明確な答えが返ってくるはずです。

Posted in 北海道でも発電可能?