広大な大地を利用して太陽光発電をしませんか?

太陽光発電は太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換する発電方法です。
この発電方法は、自然エネルギーを利用した二酸化炭素を出さない非常にクリーンな発電法として以前から注目されていましたが、昨今脱原発の影響もあり震災後特に生導入件数が増加しています。
また同じ自然エネルギーの風力発電にくらべ、設置費用が比較的安く個人で設置できるレベルの金額であることから、
現在、国や民間企業そして、個々人の家で急速に太陽光発電システムの導入が進んでいます。
北海道旭川市で太陽光発電システムを導入する場合、太陽光発電システムの設置に関して、国と旭川市の両方から補助金を受けることができます。
null詳しくは市役所に専門の課が設置されていますので、そちらでご相談ください。
まずは、業者よりも先に市役所で相談して現状を理解した上で設置業者と話を進めるのが良いと思います。
補助金自体は基本的に住宅用の太陽光発電システムに対してですが、北海道のような広大な大地のばあい、余っている土地をお持ちの方は
土地の有効利用という意味でも太陽光発電の導入がお勧めです。
現在、太陽光発電で得られた電力は自分たちで使うだけではなく、電力会社に売ることができます。
旭川のような土地ですと、日照条件や、まわりにあまり日を遮るものがないケースが多いので、太陽光発電を設置する環境としては非常に良いです。
一方で、太陽光発電装置は長年維持しなくてはいけません。
北海道のような雪の降る土地の場合には、それに対応した設備を設置しておかないと後々面倒にもなります。
太陽光発電は業者選びも非常に大切です。
安易に値段だけで決めてしまうよりは、しっかりとした設備でかつ発電効率も良く、サポートや保証のしっかりとしたものを備え付けることが大切です。
現在ではインターネットでも複数社の太陽光発電設置業者から見積もりを得ることができますので、まずはそれらと補助金の関係から実際どれくらいの規模の太陽光発電を設置すればよいのかをまずは検討されると良いと思います。

Posted in 北海道でも発電可能?