全国どこでもできるのか?

太陽光発電というのは、日本全国どこでも設置が可能なのでしょうか?たとえば、北海道の札幌市や旭川市のように雪の多い地域と、沖縄の那覇市ように1年中夏のような地域では、日照時間がまったく違います。
このような気候の違いが太陽光発電に与える影響は少なくないはずです。
しかし、結論から言うと地域によって発電量には確かに差がありますが、太陽光発電を設置できないほどの差ではないということです。
つまり、日本中どこでも太陽光発電を設置することが可能です。
たとえば、太陽光発電にとってもっとも重要な日照時間を比較してみると、東京と北海道ではそれほど大きな差がありません。
にわかには信じられないかもしれませんよね。
確かに、北海道は冬になると雪が降りますので、日照時間が少なくなります。
しかし、梅雨がありません。
東京が雨や曇りであるとき、北海道は晴天だったりします。
また、太陽光発電の発電量は晴天であればそれで良いというわけではなく、気温が大きく影響していきます。
太陽光パネルの表面温度が25度くらいのとき、もっとも発電効率が高くなります。
しかし真夏の炎天下ともなると、太陽光パネルの表面温度は70度近くにもなってしまいます。
これだけ高温になってしまうと、発電された電気は外に逃げてしまったり、電子の遊離が起こりにくくなったりして、発電効率が大きく落ち込んでしまうのです。
しかし、北海道なら真夏でも比較的涼しい日が多いので、表面温度も東京ほど高温になりません。
こうして冬の間の不足分は春から秋にかけて取り戻すことができるわけです。
このように1年をトータルで見ると、日本全国どこでもだいたい同じ程度の発電が期待できるようです。
ただ、実際に太陽光発電の普及状況を見ていると、北海道は全国的にも進んでいない地域に入ります。
経済的な理由や戸建が少ないなど、北海道の住宅事情も関係していると思われますし、初めから北海道で太陽光発電など無理だと思っている人も少なくないようです。
やはり行政の支援や啓蒙がもっと大切ですね。

Posted in 北海道でも発電可能?