導入してよかった太陽光発電

私の家は、屋根に太陽光パネルを載せています。
丁度家を建てる時、ハウスメーカーの人から勧められたので、この際に、と言う感じでそれを導入しました。
やはり、大きな買い物です。
だから、こういう機会がなければなかなか導入する事が出来ないのではないかと思いました。
さて、そんな太陽光発電ですが、私はそれを導入して本当によかったと思っています。
そう思うのにはいくつかの理由があります。
一つは、売電を利用する事が出来るという事です。
我が家は、費用の面から、蓄電池を使っていません。
その為、日中に発電した電気は、使いきれない分を貯めておく事はできないのです。
ですが、売電があれば大丈夫です。
貯めてはおけないけれど、余剰電力を無駄にする事無く電力会社に買い取って貰えます。
だから、我が家の場合は日中に使いきれなかった分は、電力会社に買い取ってもらえるので、発電量が多い時などは、かなりの売電額になるのです。
導入前に発電シミュレーションを行ったのですが、それと同じ位の発電量が期待できているのも満足しています。
また、モニターを見れば、発電量がどれくらいかだけでなく、消費電力がどれくらいかとかも分かるのですが、そのおかげで、ちょっと電気の使い過ぎと感じた時は節電するように心がける事が出来るようになったのも、私としては良かった点でした。
勿論、発電するお陰で、日中の電気代があまり要らない点も私としては太陽光発電を導入してよかった点です。
電気を無駄遣いする気はないのですが、日中必要な電力を自分の家で賄えるのはかなり魅力的ではないでしょうか。
太陽光発電を導入する時は、ちょっと費用の面などから導入をためらったりもしました。
また、まだそれを導入しようとして投資した分も、利用してからの年数が短いので回収はできていません。
ですが、こうして色々と良かったと思える点を感じると、これを導入したことは間違っていなかったと思います。
あの時、家を建てるときにこれを導入すると決めて本当に良かったです。

Posted in 太陽光で環境を守る