札幌市での太陽光発電の導入について

近年、世界規模での地球の温暖化が進んでいます。
その結果、南極の氷が溶けだして水面が上昇して水没する土地も出ていたり、野生動物の生態系も乱れて絶滅を危惧されているものもあります。
nullこの地球温暖化の原因は、個人や企業が排出する二酸化炭素などの温室効果ガスです。
そこで、世界各国では、温室効果ガスの排出量削減を目指しています。
日本においても、温室効果ガスの排出量削減のために、さまざまな政策を取り、新エネルギーである太陽光を利用した太陽光発電などの設備の設置や省エネルギー住宅の普及を進めています。
札幌市でも、太陽光発電の普及のために色々な政策を取っています。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを建物の屋上や敷地に設置したソーラーパネルにあてることで、電力を発生させます。
従来、火力発電などでは、石油などの天然資源を消費して、発電時に二酸化炭素を発生していたので、環境に悪影響でした。
しかし、太陽光発電では、太陽の熱エネルギーを利用することから、資源の消費はなく、発電時に二酸化炭素などを排出しない、とてもエコロジーな発電方法です。
そのため、より多くの家庭や企業にて太陽光発電システムの導入が望ましいのですが、そのシステム設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、札幌市では住宅用太陽光発電システムを新たに導入する家庭に対して補助金の支出を進めています。
他に札幌市が取っている政策としては、市有地を電力会社に提供することで、大規模太陽光発電所の建設を進めています。

Posted in 太陽光で環境を守る