太陽光発電システムメーカーについて

太陽光発電システムは国内外の様々なメーカーが参入しています。
設置工事をやってくれる施工販売会社を選ぶというのも大事なのですが、どこのメーカーの製品を使うかというものも大事になってきます。
どのくらい発電量が得られるのかということになりますとやはり本体に当たるソーラーパネルの仕様次第ということになりますので、どの製品を使うかということでその後の生活が変わってくるということがあるかもしれません。
太陽光発電システムのメーカーということで言えば、シャープや京セラ、三菱電機、パナソニック(三洋電機)、東芝、ソーラーフロンティア、サンテックパワー、カナディアン・ソーラー、ヤマダ電機オリジナル製品などが代表的になります。
複数のメーカーを比較するときには太陽電池の種類や最大発電量、変換効率(発電効率)、価格などを見ながら選んでいくといいのではないでしょうか。
自分たちの求めているものが何なのかを明確にしたうえでそれぞれの製品を比較していく必要があります。
設置目的としてあるのがとにかく導入コストを安くしてほしいとか、屋根に合う素敵なデザインのものがほしいとか、屋根が狭いので変換効率がいいものがほしいなどを施工販売会社と共に考えていく必要があるでしょう。
もう一つ忘れてはならないこととして製品保証体制があります。
保証期間がどのくらいあるのかとか、災害補償があるのかとか、保証内容はどうなのかなどメーカーによって異なってきます。
保証内容というのも大事なポイントになりますので、施工販売会社に確認をとってみるのもいいのではないでしょうか。
メーカーありきで施工販売会社を選ぶのか、施工販売会社ありきでメーカーを選ぶのかということも悩ましい問題です。
そこのところはどちらによりこだわりを持っているのかということから選んでいくといいのではないでしょうか。
どちらにしても長い付き合いになりますので、どちらが満足度が高いのかということで選んでいくといいです。