パナソニックの特徴

パナソニックは以前から太陽電池などの太陽光発電システムの技術を持っていた三洋電機を完全子会社化してから本格的に参入することになります。
これからパナソニックの太陽光発電システムの特徴的なところについて紹介していきます。
パナソニックの特徴の一つ目はソーラーパネル1枚当たりの発電量がトップクラスであるということが言えます。
そのためソーラーパネルの設置枚数を減らすことができ、屋根にかかる負担を軽減することができます。
狭い範囲でしか設置できない場合は効率よく発電することができます。
ソーラーパネル1枚当たりの発電量の多さと変換効率の高さは世界を見てもトップクラスに位置づけられます。
パナソニックが販売しているソーラーパネルの種類は単結晶ハイブリッド型と呼ばれるもので、単結晶シリコンにアモルファスシリコンを採用することでより発電ロスを抑える役割を果たしています。
現在販売しているソーラーパネルはHIT233(変換効率18.2%)とHIT240(変換効率18.7%)が主力商品になっています。
パナソニックの特徴の二つ目は温度特性に優れているということが言えます。
ソーラーパネルの表面温度が高すぎると発電効率が落ちるということがありますが、パナソニックのソーラーパネルは高い温度になったとしてもしっかりと自家発電を行ってくれます。
パナソニックの特徴の三つ目は機器瑕疵10年保証(申し込みが必要)があるということが言えます。
機器の不具合やソーラーパネルの出力低下などの場合に適用されます。
また自然災害10年保証というものもありますので詳細は施工販売会社に相談してみてください。
パナソニックの太陽光発電システムを総括してみると他社の製品に比べると高価にはなりますが、発電量や変換効率の高さということになりますと日本ではトップクラスということになります。
効率よく多くの電力を発電したいということであればこれほどふさわしいメーカーは無いということになります。